スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減農薬の危険性


転載記事

https://www.facebook.com/satoru.utsumi?hc_location=stream

減農薬の危険性

減農薬野菜という言葉が出てきてだいぶ久しくなったが、これは部分的には怪しいものを内包しています。もちろん一番いいのが自然農であろうことは確かでしょうが、手に入りにくいということもあり減農薬野菜を食べている人も多かろうと思います。しかしすべてではありませんがそこに罠があります。

減農薬はもちろん真剣に減農薬している農家もいます。しかしここではそれを扱っているわけではなく、減農薬で売り込むからくりに関してです。つまり減農薬などと呼べるものではないのに減農薬だと名乗っている野菜があるのです。これは表示の仕方に問題があるのだと自然農の方に教わりました。

減農薬と表記するときに一番目安となるのは「農薬散布回数」だそうです。しかし実際減農薬野菜も農薬野菜と変わらずすごく外見がきれいですが、ここに裏があります。つまり農薬散布回数を減らせば減農薬と表記できますが、実際は農薬を散布した方が一般人好みの野菜ができるので、回数を減らす分一回に撒く量を多くするのです。

それだけではなく、もう一つ減農薬と表記して農薬栽培と同じことをしているからくりとして、回数を減らす分強力な農薬=強力な神経毒を撒いているということがあります。回数を減らし量を増やし強力な農薬を撒く、これを減農薬と表記している人が農家や販売ビジネスをしている人にいるということなのです。これはもちろんすべてではないでしょうが、現行の食品業界のいい加減さと法律を考えれば、当然無農薬のもののみを選択した方が私はいいと思います。

転載終了
スポンサーサイト

農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、基本的には同じものです。

農薬も除草剤も向精神薬もサリンも、基本的には同じものです。

以下転載

http://inasaku.or.tv/kenkyujo/health/nouyaku_2.pdf

第5回 日本有機農業学会 岡山大会講演資料集から抜粋
農薬をはじめ、人工的な化学物質が
人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題
青山 美子
((青山内科小児科医院・医学博士))
はじめに
1979年頃から、当科へ来院する患者の診療を通じて、農薬の散布と患者の因果関係に
気づき、横浜国立大学環境科学センターと共同して、農薬の大気汚染について調査・
研究を重ねてきました。i
現在、もっとも憂慮すべき問題は、全国でラジコンヘリコ
プターによる高濃度有機リン系農薬の空中散布(以下 空散)が広範囲に行われ、95年
の散布量の30倍にまで増えていることです。その結果、小児・小中学生の慢性有機リン
農薬中毒症状(特に、ぜん息と精神障害)を示す患者が顕著に増加しています。より深
刻なことは、これらの症状の後に現れる「化学物質過敏症」です。本講演において、こ
れまでの医師としての取り組みと同時に、有機リン農薬の新たな毒性に関する幾つかの
学術的知見について紹介します。

高濃度の有機リン農薬の空中散布
農地における農薬散布は、ラジコンヘリに依る方法に移ってきています。ところが、ラ
ジコンヘリには農薬を 8 リットルしか積めないため、殺虫剤のスミチオンやデイブデレッ
クスを、5~6 倍に希釈して載せ(本来、農地においては 1000 倍希釈で使用するように指
示されている薬剤です)空中散布しています。散布された農薬は霧状になり、濃度の農薬
が大気中に拡散し、その後 2~3週間もの長期にわたってガスの塊となって辺りに停滞しま
す。ii 空散した場所から 1,500mも離れた所に住んでいる人でも、呼吸困難に陥って病院
に駆け込んできます。群馬県の郡部は都市開発が進み、農業地区と住宅地が混在するよう
になってきています。そのため、これらの地区から来る患者が非常に多くなっています。
特に深刻なことは、有機リン農薬の散布により精神障害が起こることです。たとえば、農
薬空散地域に住んでいる 69 歳と 72 歳の女性は、空散後、急性の痴呆を発症して、病院で
アルツハイマーの疑いと診断されましたが、私の医院での有機リン慢性中毒に対応した治
療で、5桁の数字を逆から言えるほどに回復しました。また、愛知県の岡崎でも、有機リン
農薬への曝露によりパーキンソン氏病様の症状を発症した例が報告されています。iii

有機リン農薬への暴露による精神症状については、米国の疾病予防センター(CDC)と
いう政府機関のHPにも掲載されています。iv 急性の毒性による症状の説明の次に、今回
の講演で問題としている慢性中毒症状に関する記載がありますので、原文のまま引用しま
す(括弧内は、著者の訳です)。
“Long-term exposure to organophosphates can cause confusion, anxiety, loss of memory, loss of appetite, disorientation, depression, and personality changes. Other symptoms such
as weakness, headache, diarrhea, nausea and vomiting also may occur.”
(和訳:リン酸エステル類の長期暴露は、錯乱、不安、記憶の消失、食欲の消失、見当識
の喪失、うつや人格変化を引き起こす。他に、体力の低下、頭痛、下痢、吐き気や嘔吐な
どの症状も起こることがある。)
病院、デパート、電車などでも有機リン農薬が散布され、肺から体内に入る
公共の場所や電車などの公共の交通機関で、農地以上に高濃度の有機リン農薬が殺虫剤
として使用されています。しかも室内の場合、ガス化した後、容易には拡散しませんし、
分解も遙かに遅いので、暴露が長期に渡ることになります。
もっと厄介なことは、多くの病院でも有機リンが散布されていることです。有機リン中
毒のひとつとして記憶障害がありますが、医者や看護士は、有機リンが充満した部屋の中
で仕事をしていることになると思われます。これが医療事故原因の一つとなっている可能
性も、否定できません。
環境化学物質は、食物や飲物よりも、呼吸や皮膚から体内に取り込まれます。村上周三・
東京大学教授によれば、人間は環境化学物質の 83%を肺(空気)から取り込み、食品は 7%、
飲料は 8%に過ぎません。v
野菜の残留農薬には過敏に反応する一方で、住環境で散布することの方がもっと深刻で
あるにもかかわらず、ほとんど注意をしていません。せっかく一生懸命有機農業作物を作
り、それを食べていても、一方で、殺虫剤を散布された電車に乗り、病院やデパートやス
ーパーなどに行き、また、公園や街路樹や自宅の庭に散布することで、日常生活のなかで
知らないうちに呼吸を通じて農薬を吸い込んでいるのです。強調したいことは、これは農
村部だけの問題ではなく、都市部においても空気の質が大切だという視点から、有機リン
農薬をはじめとする多くの農薬・薬剤の散布を、見直していかなくてはいけないというこ
とです。

一番敏感なのは妊娠 6 か月から生後 1 年の子供たち
発症した人と同じ家に住んでいて同じ様に有機リン農薬に曝露しても、発症しない人が
いるのは、後で述べるように有機リンの解毒に関係する酵素(パラオキソナーゼ)の活性
の違いが原因です。その中でも、脳・神経毒である有機リン農薬は、神経の形成をおこな
う妊娠 6 か月から生後 1 年までの子どもが、もっとも敏感で、もっとも影響を受けること
が問題です。これらの影響は、不可逆な障害となり、取り返しがつきません。有機リン系
殺虫剤や神経毒性を持つ除草剤が多用されている時代に生を受けた子どもたちが今、小学
生、中学生になってきています。有機リン農薬への曝露により多動障害や記憶障害が起こ
ることが、マウスを使った生理学的な研究で実証されていますが、vi 講演において実例で
示すように、子供たちの間でこれらがすでに現実となっています。このような環境下にお
いては、学級崩壊や学業成績の低下も懸念されます。vii
床下のシロアリ消毒に有機リン剤が使用されてきた
床下にクロルピリホス(最近、防蟻剤としての使用が禁止されましたが、 80年代後半か
ら 90年代に広く住宅用に使用された薬剤です。文献によれば、化学物質過敏症を引き起こ
すことや血液のガンを引き起こすことが報告されています。)viii などのシロアリ防除用農薬
を撒くと、床下から徐々に気化し、部屋の中に充満します。
症例として、シロアリ防除剤に有機リン系農薬を用いたことにより、まともな字が書け
なくなった小学5年生の男子生徒や、全身関節・筋肉痛、物忘れ、精神症状、幻覚まで出
て、来院された主婦などがあります。
学校で起こっていること
学校で使用されているワックスにも、有機リン化合物が含まれています。業界団体のHP
には、毒性はないと文献を引用して安全性を強調しています。しかし、この論文には、ア
セチルコリンを代謝するアセチルコリンエステラーゼの阻害はわずかでも、ブチリルコリ
ンエステラーゼという有害化学物質の解毒・代謝を担っている大切な酵素が大きく阻害さ
れることが報告されています。ix
また、最近、校庭を芝生にしようという動きがありますが、私は大反対です。なぜなら
ば、高温多湿の日本で芝生を養生するためには、必ず農薬を使うからです。実際、藤岡市
のサッカー場で調べたところ、バスタ、シマジン、スミチオン、マンネブ、ダイセン等々
が大量に撒かれていることがわかりました。x
子供達だけでなく、サッカーの選手達の健康
(精子の減少など)も心配です。

有機リンの神経毒性とは
有機リンの神経毒性については、ここ数年つぎつぎと新しい研究成果が報告されていま
す。その幾つかについて、私が行ってきた治療との関連性について紹介します。
有機リンによる急性中毒は、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用により起こること
が広く知られています。農薬などの改良は、アセチルコリンエステラーゼの阻害を少な
くする方向で行われてきました。ところが、急性毒性とは全く異なる遅発性の神経毒性
(障害)が報告されています。すなわち、慢性毒性あるいはOPIDN (Organophosphate̶
induced delayed neuropathy)と呼ばれる遅延性の神経障害がこれに該当します。
国内では、この慢性の神経毒性についてあまり重要視されていませんでしたが、海外
の研究は、疫学的な研究を既に終え、研究の主体は、遺伝学的や生理学の研究に移って
きています。また、欧米の研究によれば、有機リンは、アセチルコリンエステラーゼ、
NTE(神経障害標的エステラーゼ:この酵素の阻害がOPIDNを引き起こす)やブチリルコ
リンエステラーゼにとどまらず、これらを含む広範囲なセリン加水分解酵素を阻害し、
体内で様々な代謝の異常を起こすことが、次々に報告されています(図1)。xi図1 有機リンにより阻害されることがわかってい
るセリン加水分解酵素群と症状の関連(文献11より
引用)
OP = organophosphate; AChE = acetylcholinesterase;
AFMID = arylformamidase; APH = acylpeptide
hydrolase; BChE = butyrylcholinesterase; cCB1 =
cannabinoid CB1 receptor; mAChR = muscarinic
acetylcholine receptor; FAAH = fatty acid amide
hydrolase; LysoPLA = lysophospholipase.
それらの中で特に重要なものの一つに、脂肪酸
1)パラオキソナーゼの遺伝的な多様性
キソナーゼ(以下PON1)には、遺伝子による

ルの研究で、有機リンを解毒することが遺伝的に弱い人がかな

( ) パラオキソナーゼの2つの酵素機能
機リン化合物の解毒をおこなうエステラー


アミド加水分解酵素(FAAH)があります。
この酵素は、記憶や情動といった人間のもっとも高度な精神機能をコントロールする脳内
物質であるアナンダミド(内在性大麻様物質)や睡眠を司るオレアミドなどの代謝を担っ
ており、この酵素が有機リンで阻害され働けなくなると、これらの物質が脳内で蓄積し過
剰になり、いろいろな精神機能に障害を引き起こします。この酵素が有機リンで阻害され
ることで起こると考えられる症状は、CDC が報告している精神症状(記憶の消失、食欲の
消失、錯乱、不安、うつなど)とよく一致します。


有機リンを分解代謝する酵素であるパラオ
型(Polymorphism)があり、このような遺伝子の多型と有機リン農薬・殺虫剤を無毒化
(加水分解)する活性との間には、相関があります。xii PON1の有機リン農薬・殺虫剤を無
毒化(加水分解)する活性には、遺伝子のタイプにより約 10倍以上の個人差があり、活性
の弱いタイプの人が人口のある程度の割合を占めることがわかっています。xiii さらに、有機
リン農薬の分解にかかわる他のいくつかの酵素にもそれぞれ多型による活性の強弱がある
ことが知られています。
このように、遺伝子レベ
いることが明らかになってきました。この事実は、有機リン農薬の空散等に対して全く
大丈夫な人がいる一方で、遺伝的に解毒の機能が弱い人たちが深刻な影響を受けているこ
とを科学的に説明するものであり、有機リン農薬・殺虫剤や類似した神経毒性を持つカー
バメート系農薬などの使用を一刻も早く止めなくてはならないことを意味しています。

2
パラオキソナーゼは、(1)で述べたように有
でありますが、同時に、LDL(悪玉コレステロール)の酸化による動脈硬化を防ぐ酸
化還元酵素の働きも担っています。パラオキソナーゼがLDLの酸化を防ぐ作用は、酵素
のシステイン基の SH結合の酸化還元作用により行われていることがわかっています。
このようなパラオキソナーゼの持つ2つの酵素機能は、酵素の同じ活性部位でおこなれて
3)ブチリルコリンエステラーゼの阻害
の有機リン化合物により阻害されるばかりで

4) 低濃度、長期曝露による慢性症状は、生理学的に解明されてきている
ない程度

セリン加水分解酵素を

られているNTEという酵素が

いることがごく最近明らかにされました。xiv 従って、パラオキソナーゼの一方の機能
がはたらいている場合は、他方の機能は止まっていることになります。言い換えれば、有
機リン農薬への曝露により、パラオキソナーゼが有機リンを加水分解するエステラーゼと
しての機能が使われていると、動脈硬化を防ぐ機能が働けなくなり、動脈硬化が起こりや
すくなるわけです。このことは、有機リン農薬を多用するグループに、動脈硬化などの血
管の疾患が多いことをよく説明できます。また、これまで有機リン慢性中毒患者に行って
きたグルタチオンの点滴治療により、酸化還元作用に使われたパラオキソナーゼのシステ
イン部位の活性を元に戻すことができます。その結果、パラオキソナーゼの有機リン解毒
作用が復活するので、グルタチオン投与によって有機リンに曝露した患者の諸病状が大き
く改善することを非常によく説明することが出来ます。


この酵素は、ワックスに入っている難燃剤
く、有機リン系農薬によっても阻害されやすい酵素であることがわかっています。この
酵素が阻害されると、麻酔時の筋弛緩剤として使われている薬品(サクシニルコリン、ミ
バクリウムなど)の代謝ができなくなることがわかっています。xv したがって、有機リン
の入っているワックスを使用したり、病院で有機リン系の殺虫剤を使用すると、麻酔に関
連した医療事故が起こることが心配されます。

最新の研究結果から、アセチルコリンエステラーゼ活性の有意な変化が見られ
量であっても、低濃度・長期曝露により脳内に生理学的に深刻かつ重大な障害を生じる
ことが明らかになってきています。xvi このような事態が現実に発生していることは、むし
ろ当然であって、現在使われている有機リン系農薬などが、アセチルコリンエステラーゼ
の阻害を少なくする事だけを指標として開発されているためです。
先ほども触れましたが、最新の研究により、有機リンが広範囲な
害することがわかってきました。その中でも重要なことは、これらの有機リンによる脳
の代謝阻害が、脳機能の発達段階にある子供たちに特に深刻な影響を与えるということで
す。例えば、T.A.Slotkinらは、明白な毒性が出ない程度の量の有機リン農薬を服用させた
新生児のラットを研究し、新生児の曝露は、大人になっても持続する広範囲なコリンシナ
プス機能の欠損症を引き起こすことを報告しています。xvii
また、有機リンにより遅発性の神経障害を起こすことが知
ソフォスフォリパーゼであることが報告されました。xviii この酵素の阻害により蓄積するリソ
レシチンの過剰は、神経の鞘が壊れる「脱髄」(多発性硬化症の病態の一つである)や虚血
性心疾患を引き起こすことがよく知られています。有機リン系農薬の規制が緊急に必要
農薬・殺虫剤は、農地だけでなく住宅地や室内、

考文献および脚注
講演で詳述しますように、有機リン系
らには多くの店舗、学校・病院などの公共の建物においても安易に散布されています。
しかしながら、欧米では最新の研究成果に基づき、既に登録されている農薬に対しても、
使用禁止に向けた見直しおよび失効措置が取られています。たとえば、イギリスでは既に
使用禁止になっている有機リン系農薬であるジクロルボスが、xix 日本では、東京都内の至
る所で検出されています。また、イギリスではすでに使われていないダイアジノン、フェ
ニトロチオン(スミチオン)、トリクロルフォン(デイプテレックス)などが、農地の空散
にとどまらず、電車内や飲食店・デパートなどの店舗内、市街地の公園・街路樹の散布、
庭先のガーデニングなど、屋外、室内を問わずあらゆる場所でむしろ使用量、使用場所が
増える傾向にあります。このように、わが国においては、有機リン化合物の安全性の見直
しが大幅に立ち遅れており、国民の健康、特に子供たちの脳をはじめとした心身の発達へ
の影響が大変懸念されます。わが国においても有機リン系農薬の深刻な神経毒性について
認識を深め、一刻も早く対策をとる必要があると考えます。

知っている人なら常識なんでしょうが、世界で最も農薬を消費しているのは日本であるということです。

転載記事

https://www.facebook.com/satoru.utsumi

農薬の危険性なんてことを言うと、中国の野菜はヤバいなんて言う人がいますが、グーミンはまず自分の国から思い返さないといけません。知っている人なら常識なんでしょうが、世界で最も農薬を消費しているのは日本であるということです。韓国と一位を常に争っている状態であり、やっぱり二位じゃダメなんです♪。

これはどこそこの国の陰謀とかいうレベルではなく、自国民そのものの問題でもあります。ほとんどの人は生粋の日本人であり、その日本人が正当化と言い訳を並べながら、日本人の不健康や土壌汚染に寄与しているということです。逆に農薬を使わないような人々を、徹底的に排除しようとするのがジャパンクオリティーであるともいえます。

え~、じゃあ何食べればいいの?っていうグーミンと、毒まみれの食べ物を売りさばく食品業界との、華麗なる共演が日々この国では起こっています♪。

世界国別農薬使用量

お茶の残留農薬

お茶の残留農薬がとんでもないという話は聞いていたが、ちゃんと調べてみようと思います。

やっぱりとんでも無かったです(´・ω・`)

直ぐに自宅の緑茶を捨てました(^_^;)

詳しくはリンク先でお読み下さい。

検証!お茶の安全性
あなたの飲んでいるお茶は本当に安全ですか?

マナメッセ17号(1996年1月1日発行)より抜粋
緑茶、玄米茶、番茶、ほうじ茶・・・
お茶は日本人にとって最も身近な飲み物です
お茶も他の農作物と同じように
たくさんの農薬が使用され栽培されていますが、
お茶の残留農薬については、不思議なほど語られていません。
そこで本当にお茶は安全なのか。
安全だとしたら、なぜ安全だと言えるのか。
お茶の安全性をテーマに、栽培から消費者のニーズまで
お茶の現状を徹底取材してみることにしました

17_24_32_2_1.jpg

17_24_32_2_4.jpg
17_24_32_2_2.jpg
17_24_32_2_3.jpg

除草剤【ラウンドアップ】モンサント企業の歴史及び概略(ここから企業倫理をつっこめると思います。)

Facebookからの引用

枯葉剤の影響【衝撃的な画像多数のため閲覧注意】

僕は絶対使用しません!

こんなものが平然と日本のホームセンターで販売されている事に疑問を持つべきです。

結局は政府も企業もマスコミも、融資してくれるスポンサーには逆らえない訳です。

日本のマスコミ報道は鵜呑みにしない方が得策ですね。マスコミの宣伝するワクチンや精神薬、抗癌剤、添加物たっぷりの食品で病気にさせられて、儲かるのは製薬会社と金融資本ですから。

以下引用

内海 聡
自然医療や自然栽培や食品農薬問題を扱っている人は、だいたいが精神薬否定派であり内情を難しく話してもすぐに理解されるから楽である。私としても逆に精神医学や製薬業界の問題と農業界や食品業界の闇についての相似性について、学ぶ機会になっている。


モンサント企業の歴史及び概略(ここから企業倫理をつっこめると思います。)

・宣伝の禁止
ニューヨーク州はモンサント社の宣伝コピーは正しくないとして91年に提訴し、97年の判決で同社は敗訴している。97年以降、モンサント社はニューヨーク州では「環境にやさしい」などという宣伝をすることができなくなった。

2007年、モンサント社のラウンドアップが生物分解可能で土壌を「汚染しない」という広告は不当だとして、フランスで起訴されている
・ダイオキシン汚染について1963年
ジョンソン大統領の科学諮問委員会が枯葉剤の人体に及ぼす慢性影響について憂慮を示す。これに基づいて国立癌研究所で、ねずみを使った毒性試験を行い、ダイオキシンが異常出産や奇形児発生に影響を及ぼす事を明らかにした
1966年
アメリカFDAは食品中の245-T残留許容量を決める
1967年
1958年に発生した数百万羽のブロイラーの死因は、餌の脂肪中に含まれたダイオキシン(PCBの微量不純物)と判明(日本)
1971年Bliss社がダイオキシン混入廃油の一部をミズリー州の馬場と厩舎に散布
ベトナムでの枯葉剤作戦を中止。アメリカ大統領科学諮問委員会が245-Tに関する報告書をまとめる
除草剤として使用されているPCP中からダイオキシン類を検出(アメリカ)
農林省が林業用除草剤「2,4,5-T」の使用を全面禁止

(出典)
http://kiku-bsd.cc.it-hiroshima.ac.jp/Kodakari-Hiraoka/4-4.html
プロフィール

nakamuraryuji

Author:nakamuraryuji
 健全な心と身体を作るのは、日々の食事です。
安心、安全な米、麦、野菜を提供出来るように、無農薬、無化学肥料、無除草、不耕起の福岡正信氏式の自然農法を実践致して居ります。
 健康、政治についても発信して居ります。

 農薬の危険性についてはこちら→第5回 日本有機農業学会 岡山大会講演資料集から抜粋 農薬をはじめ、人工的な化学物質が 人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題



  今後は、メールマガジンにて無農薬野菜の出荷状況、販売店舗やブログの更新等をお知らせさせて頂きます。
ご希望の方はuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ希望】とご記入頂き、本文は空白でメールご送信下さい。
 配信中止方法は、同じくuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ廃止希望】とご記入頂き、本文は空白で再度メールご送信下さい。
  尚、無農薬、無肥料の自然栽培ですので、必ず収穫出来るかはお約束出来ません。
 ご了承下さいm(__)m
 自然の力を大切に、野菜が出来るだけ自然に育てるように手を差し伸べていきます。
 
○発行責任者:中村龍二
○公式サイト:中村龍二の不耕起、無肥料、無農薬、自然農法~本当にミネラル、ビタミンの有る米、麦、野菜を求めて~ http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/
○Twitter  :https://twitter.com/sizen_nouhou
○問い合わせ:uriuriman5@gmail.com
○登録・解除:uriuriman5@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。