スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月28日福岡正信式粘土団子撒き

 今日は【著書「わら一本の革命」】で有名な、自然農法の先駆者福岡正信さんの発案した【粘土団子】を作って蒔いてきた。 僕は素人だからこそ、何も考えず大胆に真似してみることが出来る。既に、農家として生活している方にとっては、なかなか踏み出せない行為だろう。
 福岡正信さんや粘土団子についてはこちら。福岡正信 自然農法家
 事前に【ふるい】を購入しておき、畑の土を一番細い目の網でふるいにかけて粘土を作る。
2012-08-28粘土

 種1に対して、粘土10の割合でざっくり混ぜて、水を加えてウサギのウンコ程の大きさの団子状に丸める。
2012-08-28粘土団子

 意外と地道な作業でしたが、夕日を眺めながらゆったりと作っていました。
 畑に1羽の小鳥がやってきて、草を突っついていました。虫を食べに来ているのかな?雑草を生やしたままにしておいてから、畑に小鳥や蛙、虫など生物の姿が日に日に多く見られるようになってきました。いい傾向だと思っています。
 何だかんだ思いふけっているうちに、粘土団子も完成して少し乾かしそのまま畑に無造作に撒きました。
 なんの種が入っているかは最後に書きます。

 以前から、育っていた大根は相変わらず虫食いに耐えながら頑張って大きくなっています。
 黒い芋虫が大量に居ます。
2012-08-28大根虫
 胡麻みたいにちっこいのも大量に居ました。
 2012-08-28大根虫2

 小松菜はなんと全滅。
2012-08-28小松菜
 隣の雑草は青々と元気ですね。
 やはり、たっぷりの肥料で育った市販の種は弱いのですかね。

 スギナくんは、少しだけど懸命に生きようとしています。頑張れ!
2012-08-28スギナ
 それにしても、この干ばつ地帯の様な土壌は酷いですね(;´Д`)
 やはり、雑草や緑肥などが茂っていないと土壌の水分もどんどん蒸発してしまうんでしょうね。
 

 粘土団子に混ぜた種はこちらです。
2012-08-28キャベツ
2012-08-28ごぼう
2012-08-28ごぼう裏
2012-08-28パセリ
2012-08-28裏パセリ
2012-08-28白菜
2012-08-28レタス
2012-08-28裏レタス

 白菜、イタリアンパセリ、キャベツ、ごぼう、あと、写真はないが緑肥でクローバーを混ぜた。
 春菊の種も買っていたのだが、入れ忘れてしまった。
 ちゃんと育つのか、楽しみだな。
 今回蒔いた種は全て【野口のタネ】というネットショップで購入した。
 固定種とは?交配種(一代雑種)と固定種の違い

固定種の良い点はたった一つです。一度タネを買えば、以後自分でタネを採れること。(うーむ。困ったことだ)
後は、しいて言えば成長が不揃いで生育も遅いから、(このスピード時代にはどう見ても欠点ですが)大きく育ったものから順に長期間収穫できること。
そして、日本人が長い間かかって受け継いできた、伝統の味、旬の味覚が味わえることでしょう。
四季のはっきりした日本の和食文化、日本料理には、ビニールハウスで一年中作れる気候の変化に鈍感な交配種の野菜でなく、露地で雨や霜にあたって風雪に耐えながら旨味を蓄えた、季節ごとの旬の伝統野菜にかなう味はないようです。
前の例えの人参で言えば、在来固定種の大長人参を、冬場煮物などにした時のうまさは、五寸人参などよりずっとずっと上です。
ただ、その土地土地の風土の中で、永年伝承されてきた栽培方法とあわないと、うまく作れないことも多いです。
(長人参で当地を例にとれば、蒔き時は7月上旬の梅雨が明ける直前。これより前でも後でも、うまく発芽しません。そして、最近の異常気象続きが、わずかな蒔き芯を狂わせて困ってしまいます。もっとも、『一番困るのは、いくらうまい長人参を作っても、嫁が使ってくれず、スーパーで買ってきた、見た目のきれいな短い人参ばかり孫に喰わせたがる』ことだそうですが。(爆)
昔からの食生活を失った現代人には、もう素材の味覚なんてわからず、旬の野菜など味付けで変えられて、もうどうでもよいことなのかも知れませんね)


 僕は自然農法でやっていくので、種も無肥料、無農薬で育った種を使いたいのです。
 なので、固定種の野菜を無肥料、無農薬で毎年作って種を採取し、翌年もその種で野菜を作っていく事により、種の力も段々とついてくると考えています。
スポンサーサイト

2012年8月20日先日植えたスギナのチェック

 先日植えたスギナのチェックをしに畑へ。
2012-08-20スギナ

 ガビーン

 写真にのスギナはかろうじて生き残っていたスギナくん。
 残りのスギナ達は、畑の肥やしになっていました(・o・)
 生き残ってたスギナくんの健闘を祈る!

 大根は相変わらず元気にグイグイ大きくなっているが、虫食いも相変わらず。
 まあ、植物は虫に食われるほど【ジャスモン酸】という物質を自らつくり出して

・果実の熟化

・休眠打破 開芽が早くなったり、種子の発芽も促進する。

・落葉の促進

・ガム物質の蓄積 植物(樹木)が傷を負った時にガム状物質を生産して傷口を覆い、同時に組織内の二次代謝産物合成も活性化させる。これらは傷口からの雑菌の侵入を防ぐために機能している。

・茎の形成の誘導 茎の伸長を抑制し、塊茎形成を誘導する。

・傷害への対応 外敵による摂食などの傷害を受けた際に外敵に抵抗する遺伝子を発現させるシグナル物質としてはたらく。

人類が獲得し得る「最強の農業テクノロジーの可能性」とは
 上記のような作用が働くらしいので、敢えて放置しています。

 2012-08-20大根


 人参も少しずつ、本当に少しずつ大きくなっています。しかも虫食いゼロ!
2012-08-20人参


 あと、大根や小松菜の葉に蛙が数匹居ました。葉の虫を食べに来ているんでしょうか。

 あっ!スギナと言えば、スギナ茶を作ってみました。
 日陰で乾燥させて、お湯に浸して飲むだけ。畳みたいないい香りと、緑茶みたいな鮮やかな緑色が綺麗で味も美味しかったです。
 カルシウムなどのミネラルが豊富で健康に良いみたいですよ♪
 畑で増産出来たら、少しでもいいから販売出来たらいいな♪
 だから、スギナくん頑張れ!





2012年8月16日スギナの植え替え

 今日は、朝早くから近所の河原へジョギングついでに【スギナ】を探しに行った。
 なぜにスギナかと?
 先日、ネットでお世話になっている方と初めてお会い出来た時にスギナの効能を教えていただいたからだ。
 スギナの効能についてはこちら↓
 
驚嘆!最強の野草「スギナ」のすごい薬効 その1
http://itiguuoterasu.blogzine.jp/blog/2012/04/post_1b37.html

春一番! スギナとツクシの土壌改良
http://fushigi.fujitvkidsclub.jp/2009/03/post_36.html

 ミネラル成分の多さには勿論、土壌改良にも貢献してくれると知り、『これは!』と思い居ても立っても居られない状態から早速スギナを探しに行きました。
 案外簡単に見付かりましたが、根を掘るのに一苦労。
 根は地中深くまで伸び、隣のスギナ(1メートルぐらい離れた場所)の根とも繋がっていたりします。すべての根を掘り返すのは不可能と判断したので、ある程度の長さの所で引きちぎりました。
 10株程採取して、自然農法の畑へ植え替えてきました。
2012年8月16日スギナ
 もう、元気が無いですね(・o・)
 スギナの生命力に期待します。

 大根
2012年8月16日大根

 小松菜
2012年8月16日小松菜

 人参
2012年8月16日人参

 順調に育っています。
 虫食いは相変わらず激しいですが…(^_^;)

 ところで、事件が勃発しました。
 なんと、祖母が雑草をすべて引き抜いてしまっていました(;´Д`)
 あれだけ『絶対に雑草は抜かないでね』と言っておいたにも関わらず。お年寄りパワーは侮れません。
 しかたがないので、抜かれた雑草たちを再度植え直しました。
 僕は雑草も野菜と同様に栽培しているんです。
 雑草には、カエルや蟻、芋虫、などが集まっていました。今までこの畑では見られなかった光景です。小さいですが、自然界が形成されていました。カエルが居れば虫を食べてくれる。生命が集まれば、土壌の微生物も豊富になる。それを目指しています。
 祖母には、再度雑草は抜かないでおくれ、とお願いしてきました。ちゃんと理由も伝えたので大丈夫だと思います。
 2012年8月16日畑

 雑草を植え直すのはめちゃくちゃ疲れましたが、写真に写っているお家のおばちゃんに、アイスとお茶をいただけたのでなんとか乗り切れました。
 12年前の種も芽を出していました。
2012年8月16日古株小松菜
 手で少し穴を掘って種をパラパラっと蒔いて、足で砂をかけて踏むだけの簡単種まきでしたが、ちゃんと芽が出るもんですね。










 

8月7日、今日は大根と小松菜の種まきをした。どちらの種も、使用期限を既に12年過ぎている。生えたらラッキーぐらいの感覚で蒔いてきた。

 8月7日、今日は大根と小松菜の種まきをした。どちらの種も、使用期限を既に12年過ぎている。生えたらラッキーぐらいの感覚で蒔いてきた。

 あっ!人参の芽が、ちっちゃいけど出たよ!勿論、全部撫でて来ました。
人参


 大根は順調に大きくなっています。虫食いも凄いが。
 小松菜も虫食いが酷い。
大根
[UNSET]



 ふと気づいたことがあった。隣に生えている雑草は全く食べられていないのだ。
雑草

 やはり、市販の種は甘やかされて育っているから、虫らにとっても食べやすいのか?
 虫の気持ちに近付く為に、雑草と大根、小松菜の葉を食べ比べてみた。
 雑草は、シャキシャキと歯ごたえがしっかりしている感じ。それに比べて大根、小松菜は殆ど食感が感じられないぐらい柔らかい。こりゃあ虫も食べやすい訳だ。
 やはり、種選びも重要なんだね。雑草のように厳しい環境で育てられた作物の種ならば、もう少し歯ごたえのある力強い芽が出るのだろうか?
 
 しかし、植物は毎日人間に触られたり、虫らに触られたりする事で自ら強く成っていくので、今後植物の進化に期待する。
 
 前回蒔いたトウモロコシはまだ芽が出ていませんでした。







 

 2012年8月3日、今日はトウモロコシの種まきをしてきた。

 2012年8月3日、今日はトウモロコシの種まきをしてきた。
 なんとその種の有効年月は2001年。祖父の倉庫に眠っていた種だ。
 果たして芽は出るのだろうか?
 蒔く時期も遅いし。
 実験実験。

 祖母の管理している長ネギに土を盛り上げてきた。めちゃくちゃ疲れたが、うまく出来たら売っても良い、というお許しも頂いているのでなんとか立派に育てたい。(祖母管理のため、慣行栽培ですが)





芽が出た芽が出たよー!

 7月24日と7月25日に、初めての種まきを行った。
[UNSET]
 大根、人参、小松菜だ。
 人参は作を切って蒔いた。大根、小松菜は手で少し穴を開けて種を蒔き、少しだけ土を被せる程度にした。
 乾燥を防ぐ為に、藁を被せ水を撒いた。その詐欺から8月2日まで私用で忙しく、畑には行けなかった。当然、毎日水やりは出来なかった。
 しかし、8月2日に畑を訪れた際には立派な芽が出ていた。人参は少し深く埋めた為か、まだ小さい芽しか出ていなかった。
 大根は大きい物で五センチ位。
[daikon]

 小松菜は二センチ位。
[komatuna]

 畑には雑草が全然無いため、小松菜の芽は既にかなり虫に食べられていた。
 大根は何故か無事。
 
 水やりをして、全ての芽を手で直接撫でる。(植物は人間に撫でられる事によって、根が強くしっかりする)この作業は意外と大変。
 
 今日は新たにトウモロコシの種を蒔いてきた。大根と小松菜の浅蒔きの芽の成長具合を見習い、今回は指で二センチ程埋めて土を掛ける程度にしてみた。同じように、藁を敷き水を撒いた。
 なかなか順調だが、祖母が少し雑草を抜いてしまったらしい。不耕起自然農法では、雑草は必要不可欠。抜いてしまっては、土壌の環境が崩れてしまうのでダメだ。祖母には以前も話したが、もう一度説明しておいた。
 
 



プロフィール

nakamuraryuji

Author:nakamuraryuji
 健全な心と身体を作るのは、日々の食事です。
安心、安全な米、麦、野菜を提供出来るように、無農薬、無化学肥料、無除草、不耕起の福岡正信氏式の自然農法を実践致して居ります。
 健康、政治についても発信して居ります。

 農薬の危険性についてはこちら→第5回 日本有機農業学会 岡山大会講演資料集から抜粋 農薬をはじめ、人工的な化学物質が 人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題



  今後は、メールマガジンにて無農薬野菜の出荷状況、販売店舗やブログの更新等をお知らせさせて頂きます。
ご希望の方はuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ希望】とご記入頂き、本文は空白でメールご送信下さい。
 配信中止方法は、同じくuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ廃止希望】とご記入頂き、本文は空白で再度メールご送信下さい。
  尚、無農薬、無肥料の自然栽培ですので、必ず収穫出来るかはお約束出来ません。
 ご了承下さいm(__)m
 自然の力を大切に、野菜が出来るだけ自然に育てるように手を差し伸べていきます。
 
○発行責任者:中村龍二
○公式サイト:中村龍二の不耕起、無肥料、無農薬、自然農法~本当にミネラル、ビタミンの有る米、麦、野菜を求めて~ http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/
○Twitter  :https://twitter.com/sizen_nouhou
○問い合わせ:uriuriman5@gmail.com
○登録・解除:uriuriman5@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。