スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月30日『豆に暮らす野の暮らし研究所の旬の循環農法野菜のセットBOX』

yasai.jpg

 なんと、一足早くクリスマスプレゼントを頂いちゃいました!
 普段ネットで交流をさせて戴いている方から、『循環農法のおいしい野菜を食べてみて』というご好意で郵送頂きました♪
mamenikurasutuusinn.jpg
 中身は
 ○しゃくし菜 
 ○大根
 ○新じゃがいも
 ○水菜
 ○越津ネギ
 ○里芋
 ○春菊

 とたっぷり大容量でした!
 一緒に同封されていた【豆に暮らす通信】には、農場の様子や簡単なレシピ、近況報告など多彩な情報が書かれていて、楽しめる物でした。良い物は真似させて頂こう( ´∀`)
 
 しかし、【循環農法】とはなんだろうか?と思い調べてみた。
 豆に暮らす野の暮らし研究所





Home > 循環農法とは
循環農法とは


循環農法とは、自然環境に負荷をかけない、持続可能な農業です。
現代の農業は分業化が進んでいます。
牛を育てる人、牛のえさを作る人、ほうれん草をつくる人、米をつくる人、菊を作る人。
昔は1軒の農家で、家畜を飼いながら、えさをまかない、野菜や米をつくり、足りない分は隣近所で補い合う、すべてが地域内で循環していました。
牛やヤギや豚や鶏は、土の上で暮らしていました。
現代ではコンクリートの上で暮らしています。
ヤギが土の上で、太陽を浴び、草を食む姿はとても美しく、愛しい光景です。
今、田舎でこんな光景を目にすることはほとんどありません。
たった50年前はあたりまえだった光景です。

肥料は軽くてすぐ効く化学肥料に取って代わられました。
牛や豚や鶏の餌は輸入品になりました。
牛に比べ乳の生産効率の悪いヤギはいなくなりました。
流通規格を守るため、農薬や除草剤が大量にまかれるようになりました。


農薬を使用しない理由

「殺虫剤で虫を全滅させる」
「神経毒で方向感覚をなくす」
「フェロモントラップによって虫を捕まえ殺す」
「土壌消毒によって土中のあらゆる菌類や虫を殺す」
「農薬という毒物・劇薬の人体への悪影響」

農薬の害を象徴する現象として、世界中でミツバチの数が減少していることが大きな問題となっています。自然の流れというものは一定の規則の上にあり、これが大きく崩れてくると、すべての生物が影響を受けることになります。

If the bee disappears from the surface of the earth, man would have no more than four years to live. No more bees, no more pollination, no more plants, no more man.
「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、そして人間がいなくなる」
アルバート・アインシュタイン

問題点:毒物・劇薬としての人体への悪影響。食物連鎖の一角が破壊されることで、循環がとだえ、人間が生きていけなくなる可能性がある。


化学肥料を使用しない理由

化学肥料は化学的に合成した、あるいは天然産の原料を化学的に加工して作った肥料のことです。肥料の原料は、石油・石炭などのエネルギー原料、リン鉱石、カリ鉱石などです。窒素は空気中に無尽蔵にあるので、それを化石燃料を使って窒素肥料を作り出します。いずれもいつか枯渇する資源です。
化学肥料は野菜の栄養にはなるが、微生物には栄養になりません。
すると土中の有機物や生命の循環がなくなるため、土が痩せて硬くなっていきます。硬い土では根が伸びにくくなり、収量が落ちます。なのでどんどん化学肥料を投入して、ますます痩せて硬くなるという悪循環に陥ります。
野菜を食べる人間や草を食べる家畜への悪影響もあります。循環硝酸態窒素が地上、地下水、作物への蓄積するので、それを飲んだり食べた人や動物が中毒症(メトヘモグロビン血症)を起こします。
問題点:資源の枯渇。土がやせる。硝酸帯窒素による地上、地下水、作物の汚染→人体への悪影響。


自然環境に負荷をかけないためにすべきこと

1、農薬や化学肥料を使わない。
2、化石燃料や鉱物などの有限資源を大切する。
3、太陽と大気という無尽蔵のエネルギーを有効活用し、緑のエネルギーを循環させる。

それが持続可能な農業であり、人類のためになると考えています。
大きな自然循環の流れを壊さずに、少しでも長く人類が生きていける地球を、未来に残していきたい。
そのために私たちは循環型農業に取り組み、世界中の農業の新しい発展に貢献していきたいと思います。

どんな農業も行き着く先はひとつです。それは省力化の道、減肥・減農薬です。そして微生物の働きなどの自然の仕組みを理解できたとき、それを農法としてアプローチできるようになったとき、人間が反自然でなくなったとき、農業の極点である無農薬・無肥料に到達することができる気がします。

ご意見・ご質問はお気軽にどうぞ。
豆に暮らす野の暮らし研究所
〒441-3503 愛知県田原市若見町土手の内43
TEL/FAX : 0531-36-2291(農作業中は不在)
携帯電話 : 090-1533-0413 (豆野 仁昭)
ホームページ http://mameno.com
オンラインショップ http://mameno.net
お問い合わせフォーム → クリック



 素晴らしい先輩ですね( ´∀`)(勝手に先輩呼ばわり)
 特に『どんな農業も行き着く先はひとつです。それは省力化の道、減肥・減農薬です。』にとても共感します!
 
 農家にかかる負担(農薬、肥料、重機などの経費による経済的負担)を限りなくゼロにしたいのが僕の理想とする農業です。
 手間とお金の掛からないで、しかも安全な作物が育つ環境を整えていきたいです。
  
 今週末も、食の駅前橋エキータ店、前橋南店、高崎店で中村龍二の無農薬泥付き長ねぎ販売中です!さり気なく、無農薬ジャガイモ(キタアカリ)も置いています♪
 よろしくどうぞ( ´∀`)
 さすがに軽トラとかは使いますがね(^^)
スポンサーサイト

2012年11月21日【自然農園クローバー粘土団子播き】

 今日は自然農園に緑肥の為のクローバー粘土団子作り。
 クローバー
 クローバーはネットで購入した【クリムゾンクローバー1キロ】購入先→http://www.yohonsha.com/shopdetail/004000000006/
 それに粘土を混ぜ込む。
 ねんど
 粘土は本当はサラサラの状態の物が欲しかったのだが、今回は自分の失敗により、十分に水分の含まれた物が届いた。これでも出来ないことは無いので使用している(^_^;)購入先→http://www.shinryu.co.jp/item/

 網
 予めフルイでそこら辺の砂を細かい目でふるい、サラサラの砂を用意しておく。
 種と粘土を混ぜた物を下のボトルに入れてひたすら振りまくる。(30秒ぐらい)
ぼとる
 【ゴツゴツ】という音が、【シャカシャカ】になって来たら完成。
 しかし、水分の含み具合や粘土と種の割合等で感覚は変わってくるので、そこは実際作業して自分で要領を得て下さい。
 だんご
 完成がこれ。
 福岡正信さん曰く、【粘土団子は一種団子が理想】と著書に書かれていたので少しでも理想に近づけるよう考慮したのが上記の方法。
 本来なら、コンクリートミキサーを使用した方が簡単なようだ。しかし、高いから買えない(^_^;)
P1010990.jpg
 完成した粘土団子は早速畑に播いた。
 播く作業は1~2分(^_^;)

 今回はクローバー一キロだったが、近々籾米を13キロ同じように粘土団子にする予定だ。
 
 何時間で出来るかな( ´∀`)
 

2012年11月19日【自然農園ライ麦播き】

葱

 ここ最近は毎日葱の出荷作業で忙しくも充実した日々をおくらせていただいております( ´∀`)
 食の駅エキータ店、前橋南店、ぐんま高崎店で泥付き長ねぎを購入して頂いた皆様方には心より感謝申し上げますm(__)m
 お陰様で、販売開始から5日目にして約100袋販売させて頂きました!
 あともう100袋ぐらいは収穫出来そうです。
 今後とも、宜しくお願い致します!


 昨日は自然農園にライ麦の種を播いてみた。
0153.gif
 種はこちらで購入した物→http://noguchiseed.com/hanbai/tane/shosai/0153.html

 勿論、粘土団子にして播いた。(粘土団子の作り方は、次回詳しく書きます。)
 10アールに対して一袋 100ml,約3,500粒は少なすぎだが、収穫目当てと言うより緑肥の代わり♪
 
 今、自然農園ではこんなのが育っている。
じゃがいも
 これはじゃがいもー♪
レタス
 これは早生サリナスレタス。(巻きが甘い)
 以前に播いておいた種から芽が出たのだろう。
0057.gif

 ちょこっとちぎって食べてみたが、なかなか旨い(^^)
 
 次回は、自然農園全体にクローバーを播こうと思う。

備忘録 農薬の使用量は日本が世界一?

皆さん、モンサントとかあーやこーや言う前に、農薬について少し調べましょう。ちなみに農薬の使用量は日本が世界一とか?最近一位でなくなったとも聞きましたが。

有機リン・・・・・有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ、 organophosphorus compounds)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。 農業用、家庭園芸用、殺虫剤または殺菌剤、除草剤として使用されて、その後、河川に流れ出し浄水場から水道水に入ってくる。このほか水道水には台所用洗剤も混入する。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤である。人に対する神経毒性が高い化合物も多いため、神経ガスとしてサリンなどが開発された。有機リンやサリンとアルツハイマーの薬は同じ作用機序である。

主な中毒症状として縮瞳、発汗、流涎、筋れん縮といった特徴的な症状に加え、血清および血球のコリンエステラーゼ活性が著しく低下することから、臨床症状だけでも診断できる代表的な中毒。重症の場合では徐脈(じょみゃく)、呼吸障害、肺水腫(はいすいしゅ)、昏睡(こんすい)となり、死亡する。

主な使用場所として、木材防腐剤(テトラクロルビンホス、フェニトロチオン、プロペタンフォス クロルピリフォス、ホキシム、ピリダフォンチオン、等)が使用され、住宅室内に農薬蒸気となって体内に吸収される。日本工業規格では、稲わらを使用した畳には、ダニなどの害虫が発生しない様に防虫加工することが規定されているらしいが、こんなことしなくても防ダニはできるそうだ(知り合い業者談)。フェニトロチオン(商品名スミチオン)フェンチオン、ダイアチノン等が1g/m2程度使用されている。電車、バス、タクシー、航空機、などの、車内、機内、消毒にも使用される。塩化ビニール、ウレタンフォーム、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、の可塑剤、難燃剤、ガソリンの添加剤、潤滑油添加剤、として燐酸トリオルトクレジル(TOCP)、 が入っているし、床みがきワックスの可塑剤に燐酸トリエステルが入っている。ちなみに妊娠中絶薬の成分の1つにTOCPが入っているそうだ。眼科の縮瞳薬として、エチルパラニトロフェノールが入っている。疥癬治療薬の軟膏にフェニトロチオンが入っている。 動物の内服用駆虫剤としてカルクロホス、トリクロルホン、ジクロルボスがはいっている。

精神薬と農薬は基本的構造は同じ。神経毒です。

精神薬と農薬の類似性は製薬会社が何をつくっているかからも読み取ることができます。外資系で精神薬をつくっている会社は、ほぼ例外なく農薬や近い物質を開発しています。元々の構造式やコンセプトが近く、脂溶性であることも類似しています。解毒を語る場合この知識なしにこれらを解毒することはできません。

では精神薬と農薬のどちらが人体にとって悪でしょうか?これは間違いなく前者になります。その理由を一言でいえば濃度が違うということにつきるでしょう。例えば精神薬を液体にして植物に散布したり、動物に摂取させれば多くは枯れるか脳障害を起こすでしょう。逆に農薬をイッキ飲みすれば精神薬と似た作用を示し、ちょっと多いとOD と同じで死ぬか死にかけます。精神医学は殺人学であるのに対し、農薬普及の農学は生殺し学問ととらえればいいのではないでしょうか?ま、どっちもどっちかもしれませんが‥

2012年11月16日【前橋エキータ食の駅泥付きネギ売り上げ】

 本日は朝から葱の収穫でした。
葱畑
 
 さすがに早朝は冷える(´・ω・`)
 
 若干霜も降りていた?気がします。

 今日は前橋エキータ食の駅に長ねぎを出荷するために、畑の隣に車を停めて車中泊(寝袋…)をして収穫作業に臨みました。足先が凍りそうなほどの気温でした(^_^;)お日様の有難みが本当に実感できた。

 葱包装

 二時間弱ぐらいで、40袋分収穫出来ました。

 初めての作業でしたが、何とか上手く出来たと思います。

 いざ、今日オープンの前橋エキータへ!

 エキータはさすがにオープン初日とあって、搬入業者さんも沢山で、搬入口も渋滞状態でした。

 少し待って、食の駅へ搬入。

 食の駅事務所前の機械でバーコードを発行して、値段の書かれたシールをペタペタ葱に貼っていきます。

 泥付き葱はケースごと売り場の床に置く方式だそうです。
葱配置

 ちゃんと自己紹介と泥付き葱の利点を謳った広告をケースに貼り付けてアピール♪

 葱袋にも、一枚ずつ自己紹介を兼ねた広告を入れさせて頂きました( ´∀`)

 今回は売り上げ云々と言うよりも、僕の存在を知って貰い、後々の無肥料、無農薬、不耕起自然農法で育った麦や米などを買って頂けるきっかけになれば良いと思い、出品させて頂きました。勿論、この葱も美味しいですよ♪

 食の駅の売り上げは、毎日メールで送信して頂けます。
 
 ズバリ、今日の泥付き葱の売り上げは…


 17袋売り上げの、合計1,615円でした!

 中々好調な出だしではないでしょうか( ´∀`)

 お買い上げいただいた皆様方にも御礼申し上げます。

 次は、土曜日に収穫、出荷の予定です。

 宜しくお願い致します( ´∀`)

明日11月15日(木)オープンの前橋エキータ食の駅エキータ店にて、中村龍二の泥付き長ねぎが販売されます!

 急遽、明日11月15日(木)オープンの前橋エキータ食の駅エキータ店にて、中村龍二の泥付き長ねぎが販売されます!
 お近くの方はお立ち寄り頂けると幸いです(´▽`)

 明日は早朝から収穫で大忙し(^^)

JR前橋駅北口 エキータ - EKITA から新しい前橋が始まる
http://www.maebashi-ekita.com/

 目印のポップです♪
泥付き長ねぎ

オーガニックといっても、レベルには雲泥の差があるのです。 一般栽培 JAS有機栽培 自然栽培

 Facebookからの引用です。
 自然農法の強み。
 いや、結局人為では自然には到底及びもしないのです。
 自然が作った野菜が自然で。人間の人為が加われば加わるほど、不自然で奇異な野菜が作られていく現在。
 不自然な野菜を美味しそうに食べているうちに、人間も不自然な存在へと成り果てていく。
 昨今の現代病を見てみれば一目瞭然だろう。
 
 だからこそ、不耕起、無肥料、無農薬、無除草の自然農法。

296311_420510358005698_1837170067_n.jpg
オーガニックとは?

巷には、オーガニックという言葉が一人歩きしてます!

オーガニックレストランというと、聞こえがいいですよね。

無添加という言葉も、かなりあちこちで聞かれます。

そして、減塩食品やカロリーゼロ飲料。

皆さん、こんな言葉に騙されていませんか?

まず、カロリーゼロについて!
どうやって、甘いのに、カロリーゼロにできるのでしょうか?
甘い=炭水化物=カロリーとなるはずです。

ここで、登場するのが人工甘味料。カロリーゼロなのに甘い!
過去に、様々な人工甘味料が身体に悪いとされて食品に添加することが禁止されました。
また、人工甘味料アスパルテームについては、過去に書いたとおり、できれば口にしたくない添加物です。

このように、ある意味、無理やりカロリーゼロにされている食品や飲料が身体にいいとは思えません。

減塩食品も、同じことです。
塩は、食べ物を保存するための先人の知恵です。
その塩を減らしたら、食べ物は痛みやすくなってしまいます。
ここで、登場するのが保存料。

塩分を減らして、保存料を身体に取り込むことが、健康にいいとは思えません。
血圧が高い理由は塩分の取り過ぎという単純な理由だけではなく、カリウム不足かも、という事実。
カリウムは、身体から余計な塩分を排出してくれる物質。

りんごにいっぱい含まれているので、青森県には高血圧患者が少ないとか。

無添加も、同様です。
なにが、無添加なのか明確な決まりがないのです。

そして、オーガニック。
野菜でいえば、JAS有機認定マーク付きとなります。
この野菜は、無農薬だと思われますか?

無農薬のものも、あるかもしれません。
しかし、10種類ほどの農薬を使うことは許されているのです。
そして、化学肥料は使われていませんが、家畜の糞尿が使われているかもしれないんです。
植物系の肥料ならば、いいのですが・・・


以前にお話しした自然栽培の世界では、農薬はもちろんのこと、肥料も与えません。

オーガニックといっても、レベルには雲泥の差があるのです。

一般栽培
JAS有機栽培
自然栽培

一般栽培とJAS有機栽培は、たいして差がない場合もあるという事です。

そして、JAS有機栽培と自然栽培には、とても大きな差があるんです。

それは、ニンジンを2ヶ月放置した状況をみれば、一目瞭然。

何故、このような差が出るかは、次回お話しします。

もちろん、ビタミンやミネラルの含有量も多くなると思います。
一昔前の野菜の栄養価が、現在の数倍も高かったことから、推測できますよね。



日本では自然栽培の定義が決められていません。
ですので、自然栽培と書いてあっても、無農薬で無肥料栽培とは限りません。


次回は、自然農法について、お伝えいたします。

2012年11月12日 直播麦の排水溝掘り

2012年11月12日田んぼ
2012年11月12日クローバー

 麦の方は順調に、なおかつゆっくりと育っています♪

 緑肥のクローバーも段々目立つようになって来ました。

 2012年11月12日排水溝

 実はここ最近は、米麦連続不耕起直播栽培の為の排水溝作りに励んでおりました。

 米麦連続不耕起直播では、基本的に田んぼにあまり水を貯めません。(時々の走水程度と、稲作後半の湛水だけ)なので、田んぼの水捌けの良さが命らしいです。なので、田んぼの水捌けが良くなるために、排水溝を田んぼ一面を取り囲むように作ります。(必要ならば田んぼを立てに5メートル間隔で施工)
 
 先ずは稲の残り株を三本鍬で掘り起こす。
img_1.jpg

 次に、大正鍬で土を掘り起こす。
img_3.jpg
 これがなかなかの骨を折る作業で(^_^;)

 2012年11月12日排水
 深さ、横幅共に20センチぐらい。(深いほど良いらしい)

 1時間程で畑の3分の1ぐらいは出来ました。
 しかし、手に豆が出来る寸前でやめておきました。残りは後日( ´∀`)
 【無理はしない】がモットーですので( ´∀`)

 画像はありませんが、雨天の後日に田んぼを見に行くと、見事に排水溝に水が溜まっていました。
 苦労が報われた気がして、嬉しかった♪
 しかし、未だに排水溝が掘れていない箇所は田んぼに水溜りが……

 いち早く完成させたいと思います!(手の豆と相談しながら…)

 因みに、一番上の田んぼの写真。手前は麦があまり生えていないですよね。
 麦は湿ったところを嫌がるので、田んぼの水捌けが悪い箇所は発育が悪いのです。(発芽さえまま成りません)

 縦にも排水溝は作った方が絶対いいけど、大変なんだよな~(´・ω・`)
 絶対掘りますが。

2012年11月12日 自然農法 看板設置(畑編)

2012年11月12日看板

 お久しぶりです( ´∀`)
 やっとしっかりとした看板を設置致しました!
 前回はダンボールに手書きでしたので、みすぼらしい感じ満載でしたが(^_^;)(2012年10月22日 自然農園再開http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/blog-entry-18.html)

 祖父母やご近所さんの反応も良く、なんとなく理解して貰えているようです♪
 2012年11月12日大根?
 今、自然農園にはこんな草が一面に生えています。
 葉っぱをちぎって食べてみると、それほどアクもなく野菜のような感覚。
 ずっと『雑草かな?』と思っていたが、もしや、祖父にトラクターをかけられてしまう前に播いておいた種が発芽したのかな?

 掘り返してみようと一株抜いてみると…

 根が深くて葉っぱだけちぎれてしまいました(^_^;)(横着な性格)

 もう一度、今度はちゃんと土を掘り返してみると…

 どこまでも深い。

 15センチぐらいは根が伸びていました。

 2

 こんなものが出てきました♪

 見た感じ大根かごぼうかと思われるが、大根はこの畑には撒いていない。ごぼうの苗を検索したが、似ても似つかない。
 
 なんだろう~(´・ω・`)

 此れは、食べてみるしかないですね!

 結果が知りたい人は、コメントに書き込みしていただければお応え致します(^^)

狂牛病と認知症の真相

狂牛病と認知症の真相
http://www.j-smc.co.jp/advice/a26.html



先日、治療家のK先生からある新聞のコピーをもらった。
「農薬の大量散布が奇病難病を生んでいる」という記事だった。要約すると以下のようになる。
「なぜ狂牛病の真相が隠され続けているのか。
感染すると100%の死が待つ狂牛病は、最初は遺伝病と考えられていたが、やがて感染症と考えられるようになったものの、病原体となると全く検出されない。
そんな中でプリオン説(異常な蛋白質の伝染)が有力となったが、これも多くの矛盾を抱えている。
英国の有機農学者マークは、近隣の牧場の牛が次々と狂牛病で倒れているというのに、自分の牧場では一向に発病の兆候が現れないことを不思議に思い、その違いの調査を行なった。
英国政府は、牛バエ防除のために殺虫剤の大量散布を牧場主に義務づけていたが、その義務を拒んだ有機牧場の農場主のみ、狂牛病の被害から逃れられていたのである(農薬と呼ばれるものの全ては殺虫剤としての使用が目的である)。
その結果、狂牛病が発生した牧場は、農薬と化学肥料によるマンガン過剰と、牛の体内の微量ミネラルの欠乏が、異常なくらいに進んでいたことが判明したのである。
そして、極端に欠乏している微量ミネラルは、銅、セレン、鉄、亜鉛等であった(参考:工学社刊『狂牛病・プリオン病因説は間違っている』佐藤雅彦訳)
マークは次々と調査対象地域を広げたが、全ての地域でこの調査結果が一致した。
つまりミネラル異常が、スクレイピーや狂牛病、新異変型クロイツフェルト・ヤコブ病などの海綿状脳症を引き起こす重要な原因であることが判明したのである。
マンガン過剰は、主に脳の松果体、脳下垂体、視床下部の正中隆起、脳幹神経節に蓄積し、健忘症、集中力喪失、無力症、睡眠過剰、不眠症、うつ病、頭痛、全身の痛み、発語障害、情緒不安定、ひきこもり、偏執症、運動障害、硬直、神経障害…など多岐に渡る。」

マンガンは108種類あるといわれるミネラルの中の一つであるが、このマンガン過剰を抑制するのも他のミネラル群なのである。
つまり、調和の取れた多種類のミネラル群(生体ミネラル)のみが過剰ミネラルを抑制する。

生体ミネラルの大きな特徴の中で『キレート反応』があり、それは大きく分けて2つある。
一つは、「過剰な単一ミネラルをキレートし調整してくれること」。これについては、お茶(鉄分過剰)と生体ミネラルを混ぜると、黒く着色し沈殿することで証明できる。
お茶程度の鉄分は多量に飲んでも全く問題ないのだが、異常に多い単一ミネラルの過剰摂取は、むしろ健康に害が及ぶ。
生命にとってミネラルは、36種類以上の調和の取れた多種類のミネラル摂取が必要である。
そして生体ミネラルは、体内で足りないミネラル分を補充し、一方、過剰なミネラル分を排出する働きがあるからである。

ミネラルの特徴である『キレート反応』の二つ目は、「生命活動と進化を阻害する要因を取り除く働きがあること」。これについては、調味料(化学物質・添加物)と生体ミネラルを混ぜると、白く着色し沈殿することで証明できる。
実際に、(財)石川県予防医学協会の調べでは、強毒性のある農薬:ジクロルボス等が、生体ミネラル200ppm濃度(「鉱泉浴50」の2500倍希釈水)で、10分後に74%除去されたことが化学的に証明されている。
米や野菜、果実は数回から数十回の散布回数が常識となっており、水道水ではなかなか取れないことは誰もが知っているだろう(※前回の「発展のためのアドバイス集24」を参照)。
しかし、生体ミネラルは赤血球の約7万分の1のイオン化サイズ(0.1ナノ単位)なので、水道水よりもはるかに浸透力が高いため、速やかに農薬を排出してくれるのだ。
よってお風呂用の「鉱泉浴」に入ると発汗が促進され、体調の変化と共に、翌日の残り湯を見ると誰しもが驚く現象を見ることができる。
46億年前、3000万種類の全ての生命体は、多種類のミネラルが溶け込んだ硫酸の海から生まれたことを知る必要がある。

記事にはまだ続きがある。
「結論を言えば、ミネラル異常が狂牛病の原因だったのである。
しかしその後、数々の公的機関、及び研究家が調査を行ない、それが立証しつつあったのに、なぜかこの重大事実は封印されたままだ。それは、この事実が公表されると都合の悪い人々がいたからだ。
結局、この狂牛病とミネラルとの関係の研究と調査は全て打ち切られてしまった。
今私たちの生きる環境は、農薬と偏った化学肥料によるミネラルの異常欠乏により、今後も得体の知れない難病奇病がますます広がっていくに違いない。」
…以上が記事の要約である。

「公表されたくない人々」の1つは世界最大の農薬多国籍企業であり、殺虫剤の大量散布を義務づけた政府であり、その循環と連鎖の中で利権にまとわり付く人々の存在だ。
米国は農(業)大国であり農(薬)大国でもある。そのアメリカで、狂牛病との関連性が囁かれているアルツハイマーが年々急増し、2004年には400万人を突破した。
2010年度の世界の認知症患者の予測数は3560万人。しかも年々10%ずつ増え続けている。その医療費たるは…。和牛の餌も、米国からの農薬漬穀物に頼っている日本だけに、その例外ではない。
しかも、伝統的な日本食の材料は遺伝子組換…(精子と卵子に影響=人口抑制)
日本人が知らず知らずに食べている農薬は、既に年平均20kgを超えてしまった。
(中央アート出版刊『難病を癒すミネラル療法』NPOで販売)

実はこの記事の発行人は稲田芳弘氏(「ガン呪縛を解く」の著者)で、ソマチットにも造詣が深い。
何度も言っていることだが、私たちは、多くの不自然な現象に対し疑問を持たねばならないと同時に、本当の真実を知り、未来の子ども達に健全なDNAと、希望に溢れた地球を手渡さなくてはならない。
プロフィール

nakamuraryuji

Author:nakamuraryuji
 健全な心と身体を作るのは、日々の食事です。
安心、安全な米、麦、野菜を提供出来るように、無農薬、無化学肥料、無除草、不耕起の福岡正信氏式の自然農法を実践致して居ります。
 健康、政治についても発信して居ります。

 農薬の危険性についてはこちら→第5回 日本有機農業学会 岡山大会講演資料集から抜粋 農薬をはじめ、人工的な化学物質が 人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題



  今後は、メールマガジンにて無農薬野菜の出荷状況、販売店舗やブログの更新等をお知らせさせて頂きます。
ご希望の方はuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ希望】とご記入頂き、本文は空白でメールご送信下さい。
 配信中止方法は、同じくuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ廃止希望】とご記入頂き、本文は空白で再度メールご送信下さい。
  尚、無農薬、無肥料の自然栽培ですので、必ず収穫出来るかはお約束出来ません。
 ご了承下さいm(__)m
 自然の力を大切に、野菜が出来るだけ自然に育てるように手を差し伸べていきます。
 
○発行責任者:中村龍二
○公式サイト:中村龍二の不耕起、無肥料、無農薬、自然農法~本当にミネラル、ビタミンの有る米、麦、野菜を求めて~ http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/
○Twitter  :https://twitter.com/sizen_nouhou
○問い合わせ:uriuriman5@gmail.com
○登録・解除:uriuriman5@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。