スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月28日福岡正信式粘土団子撒き

 今日は【著書「わら一本の革命」】で有名な、自然農法の先駆者福岡正信さんの発案した【粘土団子】を作って蒔いてきた。 僕は素人だからこそ、何も考えず大胆に真似してみることが出来る。既に、農家として生活している方にとっては、なかなか踏み出せない行為だろう。
 福岡正信さんや粘土団子についてはこちら。福岡正信 自然農法家
 事前に【ふるい】を購入しておき、畑の土を一番細い目の網でふるいにかけて粘土を作る。
2012-08-28粘土

 種1に対して、粘土10の割合でざっくり混ぜて、水を加えてウサギのウンコ程の大きさの団子状に丸める。
2012-08-28粘土団子

 意外と地道な作業でしたが、夕日を眺めながらゆったりと作っていました。
 畑に1羽の小鳥がやってきて、草を突っついていました。虫を食べに来ているのかな?雑草を生やしたままにしておいてから、畑に小鳥や蛙、虫など生物の姿が日に日に多く見られるようになってきました。いい傾向だと思っています。
 何だかんだ思いふけっているうちに、粘土団子も完成して少し乾かしそのまま畑に無造作に撒きました。
 なんの種が入っているかは最後に書きます。

 以前から、育っていた大根は相変わらず虫食いに耐えながら頑張って大きくなっています。
 黒い芋虫が大量に居ます。
2012-08-28大根虫
 胡麻みたいにちっこいのも大量に居ました。
 2012-08-28大根虫2

 小松菜はなんと全滅。
2012-08-28小松菜
 隣の雑草は青々と元気ですね。
 やはり、たっぷりの肥料で育った市販の種は弱いのですかね。

 スギナくんは、少しだけど懸命に生きようとしています。頑張れ!
2012-08-28スギナ
 それにしても、この干ばつ地帯の様な土壌は酷いですね(;´Д`)
 やはり、雑草や緑肥などが茂っていないと土壌の水分もどんどん蒸発してしまうんでしょうね。
 

 粘土団子に混ぜた種はこちらです。
2012-08-28キャベツ
2012-08-28ごぼう
2012-08-28ごぼう裏
2012-08-28パセリ
2012-08-28裏パセリ
2012-08-28白菜
2012-08-28レタス
2012-08-28裏レタス

 白菜、イタリアンパセリ、キャベツ、ごぼう、あと、写真はないが緑肥でクローバーを混ぜた。
 春菊の種も買っていたのだが、入れ忘れてしまった。
 ちゃんと育つのか、楽しみだな。
 今回蒔いた種は全て【野口のタネ】というネットショップで購入した。
 固定種とは?交配種(一代雑種)と固定種の違い

固定種の良い点はたった一つです。一度タネを買えば、以後自分でタネを採れること。(うーむ。困ったことだ)
後は、しいて言えば成長が不揃いで生育も遅いから、(このスピード時代にはどう見ても欠点ですが)大きく育ったものから順に長期間収穫できること。
そして、日本人が長い間かかって受け継いできた、伝統の味、旬の味覚が味わえることでしょう。
四季のはっきりした日本の和食文化、日本料理には、ビニールハウスで一年中作れる気候の変化に鈍感な交配種の野菜でなく、露地で雨や霜にあたって風雪に耐えながら旨味を蓄えた、季節ごとの旬の伝統野菜にかなう味はないようです。
前の例えの人参で言えば、在来固定種の大長人参を、冬場煮物などにした時のうまさは、五寸人参などよりずっとずっと上です。
ただ、その土地土地の風土の中で、永年伝承されてきた栽培方法とあわないと、うまく作れないことも多いです。
(長人参で当地を例にとれば、蒔き時は7月上旬の梅雨が明ける直前。これより前でも後でも、うまく発芽しません。そして、最近の異常気象続きが、わずかな蒔き芯を狂わせて困ってしまいます。もっとも、『一番困るのは、いくらうまい長人参を作っても、嫁が使ってくれず、スーパーで買ってきた、見た目のきれいな短い人参ばかり孫に喰わせたがる』ことだそうですが。(爆)
昔からの食生活を失った現代人には、もう素材の味覚なんてわからず、旬の野菜など味付けで変えられて、もうどうでもよいことなのかも知れませんね)


 僕は自然農法でやっていくので、種も無肥料、無農薬で育った種を使いたいのです。
 なので、固定種の野菜を無肥料、無農薬で毎年作って種を採取し、翌年もその種で野菜を作っていく事により、種の力も段々とついてくると考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

毎回いろんな試みをされており感心します。

固定種のそういう欠点が現代スピード社会にそぐわなくなってきたのですね。
でも一度立ち止まって考えると やはりスローライフが今の我々に必要なんだと思います。

個人的には「一番困るのは 美味い長人参を買ってきても嫁が....」のくだりが気になりました。
個々人 特に主婦の意識改革が急務なのでしょうね。

ジプシーブロカントさん

 主婦の意識改革…
 簡単にはいかないと思いますが、『今食べている慣行栽培の野菜には全然ビタミンもミネラルも入っていないんだよ!しかも、農薬まみれだよ!』と言ってあげれば少しはショックを受けて変わっていくと思っています。
 いわゆるショック療法ですかね(^◇^;)
 うまく行くかどうかは全て、自然にお任せ致します。人間が下手に手を出しても自然界の力には到底及びもしませんので。

NoTitle

だんご作りは子供が喜びそうだ^^

私なら近所の子供集めてだんご作らせるそ(笑)

虫食いひどいですね><
自然界の食物連鎖が崩れてますね><
カエルちゃんとか・・・
虫を食べる生き物放すか
酢をスプレーするか
強酸性水まくか
どれが効果的なんでしょう。。。

青森の木村さん
初めて無農薬のりんごに成功した
それは失敗の連続であったがやり遂げたわけです。
試行錯誤しながら成功まで諦めず頑張ってください。

>Booさん

 畑を観察していると、なんとなく違和感があります。
 やはり、大根や小松菜しか食べられていないのです。
 しかも、雑草と比べるとそれらの作物の成長スピードが異様に早い。
 虫への耐性が充分に無いまま大きくなろうとするから虫にとって恰好の食料になるのかもしれません。
 やはり、雑草のように野生化した野菜でないと難しいのかもしれません。
 段々と、弱い種から野生に近い種に近付けていかないといけませんね。
プロフィール

nakamuraryuji

Author:nakamuraryuji
 健全な心と身体を作るのは、日々の食事です。
安心、安全な米、麦、野菜を提供出来るように、無農薬、無化学肥料、無除草、不耕起の福岡正信氏式の自然農法を実践致して居ります。
 健康、政治についても発信して居ります。

 農薬の危険性についてはこちら→第5回 日本有機農業学会 岡山大会講演資料集から抜粋 農薬をはじめ、人工的な化学物質が 人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題



  今後は、メールマガジンにて無農薬野菜の出荷状況、販売店舗やブログの更新等をお知らせさせて頂きます。
ご希望の方はuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ希望】とご記入頂き、本文は空白でメールご送信下さい。
 配信中止方法は、同じくuriuriman5@gmail.comへ件名に【メルマガ廃止希望】とご記入頂き、本文は空白で再度メールご送信下さい。
  尚、無農薬、無肥料の自然栽培ですので、必ず収穫出来るかはお約束出来ません。
 ご了承下さいm(__)m
 自然の力を大切に、野菜が出来るだけ自然に育てるように手を差し伸べていきます。
 
○発行責任者:中村龍二
○公式サイト:中村龍二の不耕起、無肥料、無農薬、自然農法~本当にミネラル、ビタミンの有る米、麦、野菜を求めて~ http://hukoukisaibai.blog.fc2.com/
○Twitter  :https://twitter.com/sizen_nouhou
○問い合わせ:uriuriman5@gmail.com
○登録・解除:uriuriman5@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。